スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モダマス

お久しぶりです
昨日、一昨日とモダマスに少し触れてきたので考えをまとめるのも含めて。
間違っている可能性も大いにあるので、参考程度に。

まずシールド。
カードプールを見ればわかると思いますが、環境の速度は基本早いはずです。
本来ならば、シールドのセオリーは早さよりパワーであり、高マナコスト高パワーのカードをがんがん入れる方が強いです。
今回ももちろんそれは当てはまりますが、モダマスというだけあって、基本的に全てのデッキにとてつもないボムがあり、コモンアンコモンでゲームを決めうるカードが複数あります。
つまり、パワーカード勝負を制すには余程強いレア(カーンやコメットストームなど)があるか、うまく相手より多く引いて単純に数で勝つか、そのどちらかになりやすいはずです。
ということで、普段のシールドのように強いカードをたくさん入れて勝つのは少し難しいです。

そこで低マナコストのカードに目を向けて見ましょう。
まず全体的に、単体のパワーはあまりたかくありません。しかし、3つのポイントによって、その軽い攻め手が強いです。
まず第一に、ほとんど全てのカードがアーキタイプを意識されており、うまく嵌まればとてつもない力を発揮することが出きるものが多くあります。
第二に、2種類の4マナ5/5が攻めるデッキでしか運用できず、これらに1枚で対処できるカードが軽いカードにほぼ存在しない点です。
そして何より、装備品の強さがあります。
例えば1マナ装備3で+2+2や帆、鎌切。
これらがただの2マナ2/2装備されただけで、除去か4,5マナの生物でしか止められません。
また、壁が存在しないため、小型のカードをカードを消費せずに止めることが困難です。
ブロッカーが出るまでは小粒でライフを削られ、中盤の生物も簡単に乗り越えられる。
いわゆるシールドデッキでシールドデッキ相手に勝利するには、沢山のパワーカード、そしてそれらに対処できるカードが必要です。
そのため低マナ行のカードを沢山採用するわけにはいきません。
序盤を生きるための最小限のカードだけです。
低マナ域でしっかりと攻めることができる相手に、そういうデッキで耐えることはいつも以上に困難なのです。

という事で、シールドは軽いデッキが強いという事について話しました。
軽いのが強い理由はこういうことだと思いますので、ここにたいしてしっかりと対処できるようにしたいですね。

今回のシールドでは、理想は親和のような早くて空から殴れる、装備品を強く使えるデッキが理想だと思います。
青白ならバウンスも拘引もより強いですからね。
それがダメなら、そういうデッキは割りきってがっつり重いものを作るのも良いと思います。
サイドプランを考える必要はありますが、それ以外のデッキすべてに勝つつもりで構築する方が、勝率は高くなるはずです。

まだまだ書きたいことはありましたが、もう会社についてしまったので一旦終わりです。
また意識高くなったら書きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

参考になります。壁不在に関しては概ね同意です。熊に対して戦闘で一方を取れる従来のセットに配置されてる「3マナ2/3」が全然居ませんね。無色生物である陰極機がその役割を一手に担っておりこれを引けるかどうかはかなり重要だと個人的に感じています。

会社に着きそうなのでまた。続き期待してます^^

No title

3マナ3/3は非常に重要だと思います!
かなり信頼できますしね。
ただ、最近ちょっと不安に思う事もあるので上手く言葉にまとまったらそのあたりも追加で書きたいと思います
プロフィール

とら

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。