スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢幻新弾:閃空レビュー

とりあえず青から

・賢者の封書
青1マナで全てのクリーチャーはアタックできなくなる。アップキープに土地の数だけダメージを受けるが、青無で自身をサクれる。正直むっちゃ強い。
赤単速攻相手に積んで出してだいたい勝つ。
このゲームは初手で14枚見れるので、つまり赤単死亡説

・遠眼「天狗サイコグラフィ」
劣化ギタクシア派の調査。っても夢幻じゃ十二分に強い。
とりあえず積んでよいレベルだと思う

・偽装情報
ディゾブスペルのほぼ上位互換
とりあえず積みたい

・綿月依姫&綿月豊姫
青の最強フィニッシャー。
8マナと糞重いので実は青単というデッキには合ってないので微妙臭いがしなくもないが、同型対決には最強の1枚。
打ち消されずに出てきて戦闘ではまず負けず、ほぼ除去れないってそら強いですね。
使いたい1枚

・玉兔
最強の壁クリーチャー誕生
青は赤に強い色になりました

・射命丸
打ち消されず、次のターン相手の行動を完全に封じることができる。
青5という単色以外使用不可能な重さがネックだけど、青単なら積まない理由はないレベルのクリーチャー
パーミが多い環境なら無双するだろうね
問題は今の夢幻はそういうゲームじゃないってことだ
でもまぁ、青が毎回着実に強化されてるから、そろそろ青が環境を支配する頃だとは思う

・影の声
霊力使うカードの一つ。
人形ビートとかならとりあえず積んどけレベル。
コントロールだと、最速で撃てないのが厳しい。
デッキを選ぶ一枚

・博麗霊夢
霊夢シリーズの1枚。
このカード自体はぶっちゃけそんなに強くないが、白のあれが強いから多分使われる

・オモイカネブレイン
人形デッキのおともに


次は白の気になったカード
・博麗霊夢&八雲紫
ただつよ
まぁ8マナならこのくらいは無いとね。
場にこいつしかいないと自分が死ぬ。
あとファッティの癖にカリスマない

・チルノ
さすがにこれ使わなきゃならないなら霊力は弱い・・・けど面白そうではある

・審判「十王裁判」
おきラスゴ
ただし起動コストの霊力4というのがもう効果とかみ合ってない。

・彼岸へと至る六文銭
むっちゃつよい

・ハルマゲドン
ただつよ つかう

・神霊「無双封印」
超強いエンチャント破壊

・寅丸星&ナズーリン
起動コストは重いが、効果自体は強力
場に出して1ターン帰ってくるようなら多分勝つ

・宝塔「レイディアントトレジャー」
人形デッキ期待の星
アリスからナムさんとばばあが出てくるぜ!

・紫の修行
インスタント4マナ4ドロー。
3枚目は確実に腐るであるけど、純粋に強い。
霊夢デッキは多分ガチ

・博麗神社
霊夢デッキのフィニッシャー
エンチャント破壊がなければ相手は積む


今回割と青白ぶっ壊れ
スポンサーサイト

東幻郷

行って来ました
詳しいレポはまた今度しますねー
とらの結果は2-2でドロップです
3回戦目に普通に強いと思った人とあたって負けてしまいました。
ただ、内容は凄く満足いくものだったのでよかったです

Lunar Go

CH*17
チルノ*3
ルナチャ*3
サニー*3
スタサ*3
三月精コンビ*3
マリアリ*2

A*20
邪魔*3
賽銭強請り*3
スキャンダル*3
トベるくすり*2
人形だけがお友達*3
死神の大鎌*3
アイシクルアタック*3

S*6
ラストジャッジメント*3
オモイカネディバイス*3

E*5
蛙狩「蛙は口ゆえ蛇に呑まるる」*2
オーバードライブ*3

ただ、カウブレっぽいデッキを作りたかっただけなんだ・・・
ただ、カウブレっぽい名前を付けたかっただけなんんだ・・・

でも普通に強いと思うよ

9タイタンズ

いやーMTG面白いですね
ゲームもそうですけど、背景世界も凄い面白くて、色々な2次創作やらなんやらを読んだりしました。
凄い今更感漂いますが、あの作品のキャラがルイズに召喚されましたのウルザが召還される奴とか読んで大興奮でした。
あの分量まで達してる奴はあまり無いので、出来れば読みたい読みたいと思っていたんですけども、MTGやってなかったので後回しにしてたんですよね~
という事でデッキ。
ちなみに夢幻ですよ

CH*15
レミリア*2
レミリア*1
まりあり*3
ようむ*3
ゆゆこようむ*3
ゆかり*3

A*20
スカーレッド*3
実力の片鱗*3
ヴァンパイアクロウ*3
ペットの気持ち*3
スキャンダル*3
賽銭強請り*3
トベるくすり*2

S*13
プチフレア*3
オモイカネディバイス*3
結界「動と静の均衡」*3
六道剣「一念無量劫」*3
剣技「桜花閃々」*1

E*2
桜花剣「閃々散華」*2

はい、みんな大好きグリクシスカラーです。
3色ではエスパーとグリクシスが2大人気色だと思ってます
まぁ夢幻はそもそもが4種類しか無いんですけどね
んで、デッキタイトルの由来は7/7が9体(一つ7/6)入っていることから。
ただのファッティで別にタイタンとかじゃないですけど、いいデッキ名思いつかないかなーと思ってたらちょうど格好良かったので。
まぁデッキ名とかどうでもいいですよね。すいません。

簡単な解説。
といっても、これもまだ一度も回してないとらの脳内での思いつきでパッと作ったデッキなんで紙束です。
現時点で変えようか悩んでる場所がいくつもあるので、実際に回しながら変えていこうと思います。
色は黒赤青で18:18:14。
それぞれ、赤は1ターン目におきたい色で、青は3ターン目までにおきたいという事を意識した上での配分ですね。
黒は序盤はあまりおきたくは無いのですが、中盤以降の主力になります。
展開の流れとしては、1ターン目に赤、2ターン目に青、3ターン目に黒を目指す形ですね
勿論、相手次第では3ターン目に赤をおいたり1~2ターン目に黒をおいたりすると思いますけども。
キャラクターの6割が6マナ、残る2枚も色が違う指定2の4マナと非常に重い構成になっています。
その代わり、呪文は極力軽いものを採用しました。
環境の早いデッキを意識し、指定1合計3以下で相手に触れるカードを20枚程。
2枚入っている桜花剣「閃々散華」は、とりあえず速攻相手には打点を1点減らしつつ2/1を封殺しますし、三月精やチルノが相手になればアド損せずに対処出来ます。
序盤を耐えたら、後半はすべてのマナをタップしてひたすら7/7速攻を場に出して殴る簡単なゲームです。
カードたなくなったらオモイカネディバイスで補充してまた7/7や除去を飛ばしましょう

ちなみに、サイドに7/6レミリア2枚を考えているので、青系コントロールを相手にした場合非常に大きな効果を発揮します。
ただでさえカウンターできなければ対処し辛く非常につらい7/7なのに、カウンターされない奴らが6枚も入ってるなんて発狂ものですからねー
青白なんかでは対処手段は蛙とジャッジくらいのものでしょうが、枚数の上ではちょうどトントンです。
こちらは3枚が速攻で1パンできたり、こちらのカウンターは通るということを考えるとちょっと理不尽なくらいですよね

UBRコン

CH*13
リリカ・プリズムリバー*1
ルナサ・プリズムリバー*3
メルラン・ムリズムリバー*3
ルナサ・プリズムリバー*3
マリサ&アリス*3

A*21
スカーレッド*3
実力の片鱗*3
ヴァンパイアクロウ*3
ペットの気持ち*2
邪魔*3
賽銭強請り*3
スキャンダル*3
トベるくすり*1

S*13
結界「動と静の均衡」*3
六道剣「一念無量劫」*3
幻想郷伝説*2
オモイカネディバイス*2
プチフレア*3

E*3
旧史「旧秘境史 -オールドヒストリー-」*3

新デッキ案
コンセプトは三月精と同じですが、大きく違うのはコスト。
三月精は2マナ4/5,5/4,3/3,4.2のいずれかという性能でフィニッシャーとして採用していました。
しかし、こいつらは指定4に加えての5マナ4/4,4/5or4/6です。
さらにタップインと、場に出したターンでの性能はあまりに低いのですが、1ターン生き残るとサイズが倍になるという恐るべき能力を持っています。
さらに特筆すべきは、三月精と違い、積極的にマナにおくことが出来る上、弾切れを起こさないという事です。
三月精は相手が赤だったり長期戦になると、召還先がいなくなりただの2マナ2/1や1/2となり何も出来なくなってしまうという欠点がありました。
彼女らはそれをカバーしています。
勿論、コストがあまりにも大きい為に上手い運用は非常に難しいと思います。
どのカードも指定4を要求してくる為に、3色でバランスをとるのは非常に難しいです。
おそらく、このカードを場に出すのは6ターン目・・・いや、7ターン目といった所でしょうか。
白型の場合、低コストから殴りにいける軽量クロックパーミと呼べるデッキタイプであったのに対して、こちらは場を制圧してからフィニッシャーを出す、重速コントロールと呼ぶべきものになっているでしょう。
また、黒のカードの枚数に対して、指定4を要求するカードが非常に多いです。
しかし、そのいずれものカードが積極的にエネルギーとして場に出す事を望んで構築されている為、そこまで気になる事は少ないと思います。
指定が溜まるまでに唱えたいと思えるカードは、動と静の均衡、そして一念無量劫だけです。
赤のカードはペットの気持ち以外指定1に抑えてあります。
ペットの気持ちも本来は採用したく無かったのですが、そのカードパワーの高さからデッキから抜くことが出来ませんでした。これに関しては、実際に動かしてみて良い形にしたいと思います。
青に関して、こちらは指定2のカードが5枚も入っています。
それはそのどちらもがあまりにもパワーが高く、デッキから外すことがどうしても出来ないためこうなっています。
ただ、15枚という最低限の枚数に加えてドローサポートとしてスキャンダルが入っている為、指定2を出す事が出来ないという自体はそう起きないと思います。
どれをマナにすべきか大きな選択を迫られるという自体は頻発するかと思いますが。

大体、こんな感じですね
現状紙束以外の何ものでもないので、考えて実際に運用してみた上で修正版をあげたいと思います。
プロフィール

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。