スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスパーミッドレンジ

どーも、GP横浜がシールドなので全然MTG熱が上がらないとらうおです。
シールドの練習とかやる気ないので、久しぶりにMTG触ろうと思ったらスタンダートとかモダンとかその辺の事しかやる気ないですね!
という事で、オブゼダートを使うデッキを考えたらこうなりました的なデッキです。

C*13
瞬唱の魔導師*4
聖トラフトの霊*4
修復の天使*2
幽霊議員オブゼダート*3

I*16
思考掃き*4
送還*1
悲劇的過ち*4
究極の価格*1
オルゾフの魔除け*1
ディミーアの魔除け*1
熟慮*2
スフィンクスの啓示*2

S*4
未練ある魂*4

E*2
盲従*2

L*25
神聖なる泉*4
湿った墓*4
神なき祭殿*4
氷河の城西*4
水没した地下墓地*4
孤立した礼拝堂*4
ムーアランドの憑依地*1

盲従もオブゼダートも、ある程度前のめりなデッキでないと真価を発揮出来ないという考えから。
オブゼダートを使うのなら、白黒(タッチ赤)ビートダウン的なデッキ、あるいはトラフトを使うデッキの2種類が強いんじゃないかと思ってます。
コントロールのオブゼダートは、弱くは無いけど強くも無い、選択肢の一つに過ぎないという感じですね。
少なくとも、バントコントロールのスラーグ牙と比べると弱さが目立つんじゃないかなぁと。
盲従は相手の動きを鈍くする=トラフトの攻撃が通りやすくなる
という点と、低コストスペルから強請を発揮しやすくするという2点で優れています。
5マナあれば瞬唱が2点ライフちゅるちゅるしながらアドとって出てくるとか素晴らしいですよね。
エスパーのミッドレンジって、あと少しのライフを詰める手段がトリコ等と違って全くありませんでしたが、盲従が場にあれば恐ろしい勢いで相手のライフを削ってくれます。
コントロール相手にも腐らないし、このデッキにおいてはグッドカードなのではないかなと思いますね。

といっても、一度も回してない脳内構築の段階です。
GPでスタンをやる機会があまりなさそうなので正直詰める気が無いんですが、来週の大会までにはある程度の形にしたいなーと思っています。
スポンサーサイト

PTQレポ

どーも、ノロかロタかそんな感じのウィルス性急性腸炎で死んでましたとらうおです。
ついでに風邪も併発してたみたいで、咳出る気持ち悪い腹痛い下やばいで色々と大変でした。
もう直ったんで元気にカレー食べてますけどねー。

という事で、大分前になりますがPTQレポ

1回戦目:ジャンド ○○
1戦目:後手。囲い2連打でキッチンとヴェンディ落とされてからの反攻者が3ターンくらい除去られず無双。
まぁ除去無いんだったらどれ残ってもあんまし変わらないし難しいですよね。
2戦目:お互い手札無し場まっさら(向こうミシュランありこっち無しだけど際2枚)からお互い土地→土地→土地やって相手がさきにボブを引きあてる。まだ土地引きながら向こうボブで達人めくって終わったかなーと思ったらトップ啓示で勝ち

2回戦目:バントビート ×○-
PWCで良く運営スタッフやってる人。
1戦目:先手。きらめく願い撃たれてあわてて嵌め。ビヒモスの大鎚をだされて結構ピンチ。
それでも対処していったんだけど、引きがぬるいぬるい。中盤、相手の盤面空・手札0でこっちがスフィンクスの啓示X=7で撃ってあーこのゲーム勝ったわームード出してたけど、手札には稲妻・稲妻・土地5。
相手のライフは絆魂によって40近くあり、3枚場にある列柱で殴っていくもこちらのライフが厳しくなりどんどん相打ちしていく。とうとう4枚の列柱が全部死に、相手の場には4/5になったおばさんび。
残りライブラリーは20枚あるかどうかで、中身は瞬唱4枚天使2枚反攻者3枚ヴェンディ2枚啓示1イゼチャ2枚が残っていて、手札と場と墓地合わせて土地は24枚。つまりライブラリーに土地は2枚だけ。
ライフは9、何か強いの出されない限り2ターンは持つ・・・瞬唱引けば啓示で勝ち、啓示引いても勝ち、それ以外でもターンは持つ。
という事で祈りのドロー→フェッチ。
次のドロー・・・フェッチ。
2戦目:ここで残り時間が10分きる。相手が3ターン目にトラフト置いてきた返しでヴェンディで相手の手札確認。バントチャームがあったので落として、殴る。トラフトアタックに天使だしてもう一度手札確認。おかわりトラフトあったが他に脅威が無いのでスルーでトラフト討ち取る。からビートして勝ち。
残り時間1分。という事で引き分け。

3回戦目:エスパーコン ○○
1戦目:後手。相手マナスクリューこちらマナフラッド。相手の動きに合わせて啓示X=11でうって勝ち。
2戦目:初手にリーク・ヴェンディ・ぺスあったのでキープ。ハンデスはとんでこず。相手は3ターン目にタップインランド置いて終わり。からのヴェンディキャスト→リーク。返しにぺス着地で、ぺスを巡るゲームになり相手がどんどん苦しくなっていき勝ち。

4回戦目:双子 ○○
1戦目:1マリ先手。1ターン目青緑フェッチから島置いて血清の幻視、2ターン目青赤フィルターランドでエンドだったので瞬唱キャスト。瞬唱で1回殴ってライフを減らす。そこから炎のきりつけで除去られたので、次の相手のエンドに天使キャスト。
天使でライフを減らしていき、動かざるを得なくしていく。
そして出てきた生物を丁寧に対処して勝ち。
2戦目:対抗変転あるともう負ける気しない

5回戦目:トリコトラフト ××
1戦目:後手1マリ。3ターン目トラフト置かれてそのまま対処できず負け。
2戦目:初手が啓示・啓示・土地5で流石に無いだろうとマリガンしたら土地無し土地無しだったでござる。
3マリから負け

6回戦目:トリコトラフト ×○○
1戦目:良いゲームしたけどヘルカイトケアできず、引かれたら負け引かれたら負けで3ターンしたら引かれて負けました。
2戦目:序盤お互い土地を置くだけ。そうなってからの対抗変転の心強さはやばい。洞窟ウィザードからで相手の打ち消しはこちら気にせず動けるのも大きい。
3戦目:3ターン目トラフトをきっちりマナリークでゲームが伸びて勝ち。

7回戦目:トリコデルバー ×○○
デルバー・運命の大立者・トラフトの3本柱のデッキ。
1戦目:3体のデルバーを紅蓮地獄で流したはいいものの、ライフは9。キッチンだして11になるも、そこからいろいろ合って合計4発の稲妻で負け。
2戦目:紅蓮地獄を警戒してならばない相手のクリーチャー。そして出てくる洞窟ウィザードからの反攻者。稲妻で落ちるもデルバーを道連れにし、おかわり。瞬唱稲妻で落とされるのを天使がカバーして対処されず勝ち。
3戦目:反攻者が2枚並んで殴って勝ち。

8回戦目:ソウルシスターズ ××
1戦目:先手。初手土地2枚から土地が無いけどアクション多いしいけるっしょ!と反攻者・キッチン・稲妻・リーク・嵌め土地2をキープして土地以外1枚も引かず負け。土地以外何引いても勝てる状況が大分続いたのに引けず悲しみを背負った。
2戦目:土地2イゼチャ・リーク・稲妻・らせん・キッチンのハンドをキープ。から死ぬまで土地引かず負け。イゼチャを打ち消しで使ったのが敗因かといえばそうかもだけど、流石に上から11枚に土地が無いとは考えられなかった。

という事で5-2-1でした。
2回戦目と8回戦目が弱すぎてあれでしたけど、デッキ自体は良く動いてくれたと思います。
サイドボードが適当すぎだったんで、そこを直して環境をしっかりと見極めたうえで3月のPTQに挑みたいですね。

トリコ反攻者(モダン

C*14
瞬唱の魔導師*4
ボロスの反抗者*3
台所の嫌がらせや*2
ヴェンデリオン三人衆*2
修復の天使*3

I*18
稲妻*4
流刑への道*2
呪文嵌め*2
稲妻のらせん*2
マナ漏出*4
イゼットの魔除け*2
スフィンクスの啓示*2

S*2
紅蓮地獄*2

L*26
沸騰する小湖*4
乾燥大地*4
神聖なる泉*2
聖なる鋳造所*1
蒸気孔*2
天界の列柱*4
金属海の沿岸*1
魂の洞窟*2
地盤の際*2
山*2
島*1
平地*1

サイド
租石の魔導師*1
墓堀の檻*1
真髄の針*1
対抗変転*3
流刑への道*1
焼却*1
解呪*1
天界の粛清*1
ボロスの魔除け*1
スフィンクスの啓示*1
至高の評決*1
遍歴の騎士、エルズペス*1
復讐のアジャニ*1

最終的にこんな感じで出ました。
メインボードは結果的には中々の良さだったと思います。
サイドボードのカオスっぷりに言い訳をするなら、一人回しで調整する云々の後いろいろ合って結局一度も回さず、完全に脳内だけでやったので必要・不必要がつめきれずにこうなっちゃいました。
PTQの後は大分良くなったと思います。
まぁもう大会しばらくありませんけどね。

あ、対抗変転は神カードでした。
対トリコでも物凄い強くて、メインターゲットの双子・ストームのコンボ勢には一度しかあたらなかったのに一番多くサイドインして活躍したというグッドカード。
お互いマナが伸びきった後の構えて構えてのタイタンやヴェンディをスパッと打ち消せるのが神ですね。

どうも

風邪で40℃の熱を出して死んでいたとらうおです。
ようやく37℃代まで回復してきました。
デッキレシピと詳細な結果は後で書くかもという感じで、終末の大会の結果だけ。
FNM
トリコ反攻者で3-0
PTQ
トリコ反攻者で5-2-1
GPT
エスパー組んで2-2

構築
17-6-1
リミテ
21-6-1

という事でこんな感じに。
今週末は相当に不甲斐ない結果になってしまったので反省したいですね。
言い訳するなら体調不良の所為で云々

メモ

C*12
闇の腹心
金粉のドレイク
幻影の像
瞬唱の魔導師
ジェイスの文書管理人
租石の魔導師
ファイレクシアの変形者
壊死のウーズ
聖別されたスフィンクス
トリスケリオン
Phyrexian Devourer
核の占い師、ジン=ギタクシアス

I*11
渦巻く知識
暗黒の儀式
神秘の教示者
悟りの教示者
吸血の教示者
納墓
蒸気の連鎖
Lim-Dul's Vault
arcane denial
mana drain
Force of will

S*9
親身の教示者
伝国の玉璽
生き埋め
time twister
意外な授かり物
囁く狂気
ハルマゲドン
時間のねじれ
時間の熟達

A(マナ加速アーティファクト)*16
モックス・ダイアモンド
金属モックス
睡蓮の花びら
オパールのモックス
マナクリプト
太陽の指輪
マナの柩
威圧のタリスマン
発展のタリスマン
ディミーアの印鑑
オルゾフの印鑑
アゾリウスの印鑑
友なる石
虹色のレンズ
厳かなモノリス
Basalt Monolith

A(マナファクト以外)*4
師範の占い独楽
ゴブリンの大砲
稲妻のすねあて
速足のブーツ

E*10
power artifact
mystic remora
copy artifact
動く死体
忘却の輪
リスティックの研究
ネクロポーテンス
ネクロマンシー
沈黙のオーラ
エンチャント複製

L*27
統率者の塔
禁忌の果樹園
宝石の洞窟
古の墳墓
真鍮の都
フェッチ*7
WUデュアル
UBデュアル
WBデュアル
WUギルド
UBギルド
WBギルド
WUミラディン
UBミラディン
WUダメラン
WBダメラン
UBダメラン


平地

MO

そろそろGTC解禁でMOモダンがどうなるか楽しみですね
今週土曜にPTQあるんで、それまでに4-0と3-1デッキ確認くらいはしておきたい

そういえば

年間対戦成績の話なんですが、ドラフト3回やったの忘れてました。
2-1・3-0・2-1なんで
現状19-4-1です。
まだまだ環境初期なので、周りがなれてくればどうなるかわかりませんがこのままの調子で行きたいですね

GTCブードラ点数表

10点満点。
基準
10:何があっても取る。3パック目に剥いて色が全くあってなくても無理してでも使いたい
9:超強い。使わなくても使われたら負けるレベルなのでカットしたい。多少色きつくても無理やり入れる。
8:色があっていれば絶対に使う。流したくは無いが、他に有用そうなのがあればカットしなくてもいいかな
7:色があっていればまず使う。他に何もなかったらカットする。
6:色があっていれば入れたい。ただ、デッキの方向性にあっていなかったりしたら使わないかも。
5:色があっていれば入れるか悩む。入れない事もある。大体7~8手目くらい?
4:あんまり入れたいとは思わないが、入ることもそれなりにある。サイドボードとしてなら強いかもしれない
3:これがデッキに入るようなら弱い。もしくは、完全にサイドボード用。
2:これをデッキに入れるようなら完全に失敗。サイドボードとしては見れなくもないか。
1:ゴミ

黒編。
追記からどうぞ!

続きを読む

ボロスの反攻者

やっぱりかなり使われてきてますねー
使ってみて相当やばかったので流行ると思ってましたが、もうこれだけ使われているんだったら対策する側に回ってもいいかもしれません。
まだスタンの大きな大会も無い中で気が早い気もしますが、来週にはコントロールが組めそうですね

年間総対戦成績

ダイアリーノート見てたらそういうのがあって、何かよさそうと思ったので僕も記録してみようと思います。
新年に入ってつらつらと見直してみると

構築
1月18日 2-1
1月25日 1-1
2月2日  3-1
2月3日  3-1

リミテッド
プレリ 12-2-1

という事で、
構築9-4、リミテ12-2-1からスタート。
大会のたびに記録していって、年間でどのくらいの勝率になるかな!
構築・リミテ共に6割は維持したいですね!

モダン反抗者

C*13
瞬唱の魔導師*4
ボロスの反抗者*4
ヴェンデリオン三人衆*2
修復の天使*3

I*20
稲妻*4
流刑への道*2
呪文嵌め*2
稲妻のらせん*3
差し戻し*2
マナ漏出*3
イゼットの魔除け*2
スフィンクスの啓示*2

S*2
紅蓮地獄*2

L*25
沸騰する小湖*4
乾燥大地*4
神聖なる泉*2
聖なる鋳造所*1
蒸気孔*2
天界の列柱*4
魂の洞窟*2
地盤の際*2
山*2
島*1
平地*1

反抗者はモダン級!という事でモダンバージョンのトリコ反抗者。
一人回しやって特に何事も無ければ今週のPTQはこれで出ようかなーと思います

トリコ反抗者使用雑感

本厚木のホビステの大会に行ってきました。
割とカジュアル勢が多く、反抗者に対してみんなノーケアでした。
その中での感覚では割と最強でした。
対処されても損しないし、特にビートに対しての強さは鬼のよう。
静電術士の対ビート性能も相まって、ひどい事故で落とした試合以外は危なげなく勝てました。
ひどい事故の試合(土地2枚で4ターン止まる)でも、低マナのアクションで耐えてからの反抗者であやうく勝ちかけましたからね。
サイドからでも、きちんと対策を取らないとどうしようも無い感じのカードになりそうです。
環境がどうなるかはわかりませんが、黒系のコントロールが流行しない限り常に意識される1枚になりそうです。

スラーグ牙・スフィンクスの啓示・修復の天使が環境を定義してきたカードといわれてますが、このカードはそこに加われそうなパワーがある気がしました。
GTCTOP10では反抗者はプレイヤーにしか飛ばせずタフネス2というひどい勘違いをしていながらのランキングでしたが、きちんと把握していればもっと上位に入っていたからね!目が曇っていたわけじゃないんだからね!
プロフィール

とら

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。