スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GCC

GCCに行ってきました。
使用デッキは盲従コントロール
参加人数は24人だかそんなもん。

1回戦目:赤単(KDMさん) ○××
1戦目:先手。2ターン目盲従から、相手の速攻生物が止まりゆっくりゆっくり吸い殺す。
2戦目:先手からきれいに動かれ、マウントを取られたまま起死回生の啓示にあわせて頭蓋割で負け
3戦目:1マリ。土地4スペル2でキープし、序盤に思うように動けず、起死回生の啓示にあわせて頭蓋割で負け。

2回戦目:ジャンドアグロ ○○
1戦目:後手。相手の速攻生物が盲従で止まり、貴種とか何にも怖くない。ゆっくりちゅるちゅるして勝ち
2戦目:上に同じく

3回戦目:ナヤ(先輩) ×○○
ドムリは必ず生物を持ってくる。何回起動しようとだ。
1戦目:後手。コントロールしきって後は吸い尽くすだけかなーと思ったら手札からゴーア族2枚飛んできて負け
2戦目:危険なPWや置物を打ち消し&リングできっちり対処し、吸い尽くして勝ち
3戦目:同上

4回戦目:ドランリアニ ○○
1戦目:先手。ビヒモス突然死が割りと盲従で防げてちょっと嬉しい。忌まわしい回収2回から両方とも牙+他生物+屈葬がめくれるも、クリーチャー並べてビヒモスを毎回リアニしてたので、アタック後にアゾチャで一体バウンスから耐えてライフをちゅるちゅるし、返しで全除去。
最後には盲従が3枚並び、圧倒的速度でちゅるちゅるして勝ち。
2戦目:真っ先に盲従を並べてゆっくりちゅるちゅる。全除去した後に天使だされるも、ライフレースではこちらが有利で勝ち。

5回戦目:バントタッチケッシグコントロール ×○○
1戦目:後手。4マリ。頑張ったけど流石に無理でした。
2戦目:相手土地2でストップ。ゆっくり5マナジェイス着地して0を4回起動で勝ち。
3戦目:魔女封じの宝珠・真髄の針と対策カードが豊富にあったのでジェイスサイドアウト。サイドの勝ち手段として生命の杯を追加。からの序盤動かれ、牙でライフを得られてケッシグ置かれて厳しい闘いだったが、幽霊街でケッシグはきっちり割り、啓示合戦を制しゆっくりゆっくりライフを吸っていく。しかし、残りライブラリー12枚ほどでも盲従が1枚しか引けてなくつらい戦い。やっとの事で2枚目を引いてきてから、勢いよくライフを吸い始める。そしてエクストラターンに入った頃、3枚目の盲従からライフを30までに引き上げ、杯変身。
魔女封じの宝珠を拘留の法球で追放し、変身した杯と盲従のドレインで勝ち。

という事で4-1でした。
朝、寝坊してデッキをその場で組みサイドボードがぼろっぼろの状態でしたが、割と何とかなりましたね。
色々試してみて発見もあったので、もうちょいきちんと調整していきたいと思います。

そして昨日の本厚木FNM。デッキは変わらず、2-0-1でした。
サイドボードだけちょっとだけきちんと。ただし、スフィンクスの啓示を家に忘れてしまうという大ポカをやらかし啓示3枚で変わりにガーゴイルがメインに。

構築
36-11-4
リミテ
39-9-1
スポンサーサイト

盲従コントロール

I*16
熟慮*4
アゾリウスの魔除け*3
戦慄の感覚*2
雲散霧消*3
スフィンクスの啓示*4

S*8
至高の評決*4
終末*4

E*7
盲従*4
拘留の宝球*3

P*3
思考を築くもの、ジェイス*3

L*26
神聖なる泉*4
氷河の城西*4
アゾリウスのギルド門*4
島*7
平地*4
幽霊街*3

先週、GCCに持っていったもの。
当日朝思いついて、寝坊して時間の無い中サイドボード含め使えそうなパーツ持っていってその場で組みました。
いやー、危なかった。
使った感じ物凄く面白かったので、しばらく使うかも

エスパーゾンビ

C*24
墓所這い*4
滑り頭*4
死儀礼のシャーマン*3
金切り声のスカーブ*4
カルテルの貴種*3
ゲラルフの伝書史*4
スカーブの殲滅者*2

I*9
思考掃き*4
悲劇的過ち*3
オルゾフの魔除け*2

S*4
未練ある魂*4

P*3
ヴェールのリリアナ*3

L*20
湿った墓*4
神無き祭殿*4
神聖なる泉*1
水没した地下墓地*4
氷河の城西*3
孤立した礼拝堂*1
沼*3


このデッキには、60枚余す事無く活用し引いたカードの全てを有効活用したいという願いがこめられています。

PTQ町田

もはや1週間に1更新。
ネタはあるし書きたい事もあるんだけど面倒なんであまり更新できてないね仕方ないね。
更新頻度は物凄いランダムです。
MTG熱があがったり意味も無くテンションあがると頻度上昇して1日2~3更新が続いたりもするし、なんとなく面倒だなーってのが続いていると1~2週間平気で放置します。
毎週何かしらの大会出てたりすると最低限は更新するんだけどね。

まぁそんなのどうでも良く、行ってきました町田PTQ。
使用デッキは前回と変わらず、トリコ反攻者。
サイドボードを変更し、墓地対策をなしに、トロンを諦める感じで他に強く。
特に、殻・同系・ジャンドに有利取れるようにしました。

1回戦目:うんぽぴんトロン ×○×
身内。先輩。
1戦目:後手。当然のようにノーマリガンから3ターン目カーン。
後で話を聞いたら土地1キープだそうで。ゲーム中は物凄い量のプレミをしていて、あと少しで勝てそうになるも流石に無理でした。
2戦目:相手また土地1キープのようで、流石に土地引けずに勝ち
3戦目:何故か毎回出てきてすぐのカーンが土地を追放してくる。おかげで助かり生き残れそうになるも、やっぱり無理でした。
場に復讐のアジャニがいる状態ですぐに-で土地を飛ばしてえっとなったり、眼にわかるひどいプレミが数多く。細かいプレミがいくつかって感じですが、流石に無理でした。

2回戦目:ジャンド ×○○
1戦目:2マリ先手。死儀礼処理、ボブ処理の順調な立ち上がりだったが、2枚の差は大きく、こちらのクリーチャーが処理されてしまい後続も引けず、列柱を除去られて負け。
2戦目:サイドから太陽のタイタンをIN。思考囲いで落とされるも、啓示からもう一枚を引いてきてキッチン復活。返しに除去られず、修復構えて殴って勝ち。
3戦目:相手1マリ。際・列柱・青赤フェッチ・青赤フェッチ・神聖なる泉・稲妻・イゼットの魔除けでキープ。死儀礼・ボブときちんと対処するが、2枚目のボブで苦しむ。キッチンを引いたのでそれで相手のライフにプレッシャーをかけて行く。土地が詰まっているようで、3マナから先に伸びない。こちらもキッチン以外土地しか引けず相手のボブが手札を増やしていくが、アクション数が足りず生かしきれずゲームが伸びる。やがて土地を引かれて相手が動き出すが、即座に際を使い縛る。が、流石に次のターンも土地を引かれて再び手札を使い出す。
その頃にこちらもスフィンクスの啓示をトップ。X=5から稲妻と螺旋を引きこみ、キッチンパンチからボブでコジレックがめくれるのにあわせて稲妻・らせんで勝ち。

3回戦目:キキジキ殻 ×○○
1戦目:先手1マリ。列柱・青赤フェッチ・赤白フェッチ・リーク・稲妻・瞬唱から土地以外1枚も引かず負け。
2戦目:マナクリを丁寧に焼き、ヴェンデリオンで手札を確認。高マナ域のクリーチャーと殻しかなかったのでスルーし、殻着地語ヴェンデリオンで殴っていく。次のターン相手が動かなかったので、終了時に修復でもう一度手札確認。焼却を引かれたようだが、土地や軽いカードを引かれるより良いとスルー。その後修復が除去られるが気にせず殴ってライフを減らし、次のターンに引かれたキッチンをリーク。ついでに瞬唱稲妻でライフを減らし、列柱と一緒に殴って勝ち。
3戦目:殻2枚着地で苦しい戦いになるも、勝ちにはきょっけつさセ内容に動く。
空からちくちくと殴ってライフを減らしていき、稲妻と紅蓮地獄で場のクリーチャーを一掃。
手札にはキキジキがあるのを確認しているので、そこから殻につなげられないよう丁寧にリークを構えるプレイをし、そのまま削りきって勝ち。

4回戦目:マーフォーク ×○○
1戦目:後手1マリ。1ターン目薬瓶着地でオワコン。
呪い捕らえ、ロードと展開され、紅蓮地獄で焼き払おうとするも、呪い捕らえサクリファイスでマナを寝かされ、幻影の像からコピーされ呪い捕らえを倒しただけで終わる。そこからさらにロードが出てきてどうしようもなくなり負け。
2戦目:1ターン目薬瓶。ロードを一体倒して紅蓮地獄で一掃。そこからキッチン着地でライフを回復し、ヴェンデリオンとあわせて殴って勝ち。
3戦目:薬瓶は貼られず。銀エラが3回くらい出てきて紅蓮地獄2回撃ったけど特にアドとれず手札いっぱいで動かれて苦しむ。
ただ、変わり谷が引かれず除去の返しに殴られることがなかったので、大分楽だった。
キッチンで耐えて少しづつ焼いたりしてたら、耐え切れずにロードを連打される。なので返しに評決。しかし、相手の手札は潤沢にあった為、その返しにさらにロード+ロード。こちらもキッチンを天使でブリンク+列柱で殴って行き、最後2ターンのどちらかで青命令で負けというぎりぎりの試合でした。

5回戦目:キキジキ殻 ×○×
1戦目:先手1マリ。初手稲妻・リーク・瞬唱・流刑への道・列柱・青赤フェッチでキープ。
そして最後のターンにリーク引いた以外土地以外のカードを引けずに負け。上から10枚は引いてるはずなんだけどね。
2戦目:殻着地されるも反攻者でぐいぐい殴っていく。一度コンボ決めかけられるも、流刑への道と稲妻と瞬唱稲妻できちんと対処し勝ち
3戦目:1戦目とほぼ同じ負け方。違うのは初手にイゼットの魔除けがあり1戦目よりもっと多くのカードを引いたという事くらいかな。

という事で2敗したのでドロップ。
引きが弱かったというのもあるけれども、デッキ選択・構築の次点でも間違っているな、と思うこともあって、それも含めて弱かったなーという感じでした。
次は頑張りたいですね。

その後ブードラ。
レア3枚全部流し、初手は全部コモンピックからボロスへ。
3-0して3パックゲット。そこからオブゼダート・反攻者が出て超アドでした。


構築
30-10-3
リミテ
39-9-1

今年度成績

すっかり忘れてましたね。
もはや別にいいんじゃないかなーと思いつつ、せっかくはじめたんだし最後までやろうかなと微妙な感じ。
とりあえず思い出したんで書いておきます。

PTQで5-2-1
FNMで3-0と2-0-1
GP横浜で15-3

構築
27-8-3
リミテ
36-9-1

現状こんな感じ。

GP横浜2日目(2回目ブードラ)

2回目のドラフト。
今回の卓は全員が2敗か2敗1分けの卓。
つまり、全員が3-0を目指している卓という訳です。
そして、周りを見回すと知っている顔が。
井川さん・なかちかさん。どちらも有名なプロで、プロツアーで優勝していたりなんなりとやばげな面子。
そして朗らかに会話している。聞いてみると、どうやら知り合いが他に3名いるようで。
そちらの方は知りませんでしたが、プロツアー常連の方々らしく、横からやってきたなかしゅーや真木さんとも親しげに話していました。
めっちゃ怖かったです。

という事でドラフト
下がなかちかさん。上が井川さん。
初手は瓦礫帯の略奪者。またもやグルールからかなーと思いつつ、出来ればシミックかボロスに行きたいと思う。
2手目に流れてきた強いカードはディミーアの魔除けとディンローバの恐怖。どちらも取らず、旧き道の信望者を選択。そして、上からはあまり赤いカードが流れてこない。というか、強烈なディミーアの流れ。
これは失敗したかなーと思いつつも緑いカードをピックしていく。
そして逆順。初手に夜翼の呼び声があるも流して不毛の地のヴァイパーを初手でピック。2手目に流れてきたのがシミックの干渉者。これはもうシミックに流れるのも悪く無いとピック。
そしてシミックの変転魔導師が着たのでピック。さらに来るザーメクのギルド魔導師。これはもう卓1シミックかな!と喜んでピック。からの無慈悲な追いたて。
初手で流すのは割りとあるけど、5手目で見かけたのは初めて。取るかどうかは物凄い悩んだけれど、ピック時間が短いのもあり悩みながらピック。そして雨雲が流れてきたので喜んでピック。
ここからディミーアタイム。破滅小道の仲介人、ディミーアの魔鍵、帰ってくる夜翼の呼び声。
一気にシミックタッチディミーアが見えてきた。
最後の。
初手はシミックの変転魔導師。
そこからはシミックの流れはとまるも、ディミーアの流れがすごい。
どんどんとって結局シミックタッチディミーアとなりました。
デッキの問題として、除去が非常に薄いこと。
どのくらい薄いかって、干渉者以外では急速混成1枚しか相手に触れるカードがない。

1戦目は井川さん。
卓1かと思ってたけど、シミックでした。
どうやら途中から青のカードが流れまくってるのをみて同じようにシミックに移行した模様。
3パック目でシミックが全然来なかったのはこの為ですね。
あちらは雲ヒレ・シュラバザメ・ドレイクがきちんと取れているきれいなシミック。
対してこちらは進化は変転魔導師と干渉者くらいしかない似非シミック。
除去が無いこともあり、終始圧倒され負けてしまいました。
強い所を引けなかったというのもあるけれど、除去が全く無いというのが本当に痛かった試合。
どんどんでかくなっているクリーチャーを裁く手段が無いため、時間がたてばたつほど苦しくなってしまいました。
ここで負けたことによって、TOP8の目がほぼなくなる。
終わったと後はもう意気消沈して死にそうでした。
2日間の疲れもあり、もうここでドロップして帰ろうかなーと思ったぐらい。
一応、極僅かではあるけれどTOP8の目が0では無い、と自分に言い聞かせて続けましたが。

2戦目はボロス。
1戦目は2ターン目縁側から3ターン目瓦礫帯の略奪者のどぶんで勝利。
2戦目もターン目にトップ森から略奪者をプレイし、パワー2が3体たっている中土地しかないハンドをコンバットトリックあるからどうぞ?みたいな感じでガンガン殴って大きくして勝利。

3戦目はなかちかさん。
1戦目は押され続けてライフ4になるも、シミックの干渉者が間に合い相手のクリーチャーを奪い続けて勝利。
2戦目も干渉者が大活躍して勝ち。
干渉者+変転魔導師は化け物でした。

という事で、結果は全部まとめると15-3でした。
TOP8に入れず残念というか自分本当に弱いなーと意気消沈してたんですが、よく考えたら全く練習もしてなくて勝つ気が無かったリミテッドグランプリでこんだけ勝てたのは運が良かったな、と。
ふがいない結果に終わってしまったのは練習していなかったからで、特にドラフトをきちんと練習していれば自分でも怪しいと思った部分のピックがきっちりされて勝てたり、タッチ山を選択せず純正シミックで行って事故がなかったりしたのかも知れません。
そういう意味でも、このGPは大きく自分の力になったかな、と思います。
この結果を戒めとして、次のグランプリではしっかりと練習して望みたいですね。

最後に。
GP横浜に参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。

GP横浜2日目(1回目ブードラ)

1回目。
卓の中に見知った人はおらず(有名プロがいない)、ちょっと安心。上下の卓になべがいたりなかちかさんがいたり、井川さんがいたりやそがいたりと結構興奮。
ドラフト開始すると、初手から一族の誇示。
喜んでピックし、グルールへ意識を傾ける。
そして2手目で流れてくるドムリ・ラーデ。これはもう完全にグルールでしょう。
上からのはグルールへはいかない宣言だと思うことにして、ピックの様子をみつつ緑中心か赤中心かを決めていこう。
そして3手目、4手目あたりで白が薄いと判断し緑中心のグルールに行くことに。といっても、緑の流れが凄く赤もちょこちょこきているので、この次点ではタッチシミックを考えていない。
・・・が、問題の9手目。一周して帰ってきたのがシュラバザメとシミックのギルド門。
ここでシミックががら空き&上が青と緑に絡んでいないのではないかと推測し、タッチしやすいようにギルド門を選択。次に流れてきたのがまたもやギルド門。あたり!
そこから猛烈にシミックの流れ。
青の強いカードがどんどん流れてくる。また、緑も余っているようで、5手目・7手目の円環の賢者、6手目の森林の始原体、一周して帰ってくる顎。
雲ヒレの猛禽も2枚取れ、3マナ以下がシュラバザメとドレイク翼の混成体が居ない以外は充実。
その2枚がきちんとあるとさらに良かったけれど、それが無いのが気にならないくらいの性能。いや、シュラバザメの方は入らない可能性もあるくらい。
結局、純正シミックだけでもカードが飽和するくらいに。
ただ、ドムリ・一族の誇示・豚*2とグルールをタッチしたい気持ちもかなりあり、悩む。
大分悩んだ末、プリズム+山一枚で一族の誇示だけをタッチ。
ドムリなんかは序盤から出していくのが一番強いんだけど、序盤から出していく構成にすると山を複数枚詰まざるを得ず、赤のカードをある程度入れていかないといけない。
だけど、青緑の2色だけで十分なパワーがある以上、欲張りして入れる事は良くないと判断。
ゲーム終わり際に引いても、それが一番強いまである一族の誇示だけをタッチして投入。
初手からあり、山成分が最後まで引けずとも、手札6枚でも十分に勝てるデッキだと判断したのもあります。

そして結果は2-1。
結局、この判断が失敗でした。
1戦目はフューチャーマッチ。
相手はオルゾフでした。2個上の人。
1戦目は危なげなく勝利。
サイドから、遅めになっても問題ない&後手だからと都の進化と4マナ打消しを投入。
デッキの速度を下げ、アドバンテージで押していけるようにしました。
が、ダブマリ。そして手札には森と山。結局、この試合は最後まで島が引けずに負け。
最後の試合は鍵達人とスプライト、そして山・森2・島・ギルド門の土地5スペル2でキープ。
そのままマナフラッドで死んでいきました。
土地5枚でキープした事に疑問を覚える人もいるかもしれませんが、自分はこの判断は間違っていたと思っていません。
土地が16枚のデッキで、サイドボード後は5マナ以上のスペルも増えています。
その上先手で、ここでマリガンを選択するのには相当のリスクがあると思いました。
マリガンをした上で土地が無かったら?あるいは、土地が4枚来てしまったら?
そういう事を思ったのも間違いではないですが、最も大きい理由は相手がオルゾフだという事です。
遅いゲームに対応できるサイドボードをした上で先手を選択したという事は速度を取るという事です。
速度を取った上で、相手に対処され一度止められてもそこから巻き返せる様なデッキにしたという事です。
ならば、序盤からクロックをかけ相手にプレッシャーを与えることは必須です。
そういう点で、このハンドは完璧でした。
2マナフライヤーでパワー2にもなるスプライト。テンポ的には損をしてしまうが、ブロックされない確実な3点パンチャー。そして、山もある為、動きを止められて長引いても一族の誇示で一発の逆転がねらえる。
そのため、これ以上のハンドを求める事より、このハンドで闘うことの方が大事だと判断しました。
結果として、デッキの上から5枚が土地で何も出来ず負けていきました。
しかし、もし次このハンドが来ても自分はキープしたと思います。
負けた事は本当に悔しくて、何度も何度もここでマリガンをしていたらと思ってしまいましたが。
その日の夜、夢に見て飛び起きるくらいには悔しかったです。

その後は何事も無く勝ち。
結局一族の誇示は使いませんでしたが、実際きちんと回ったときのパワーはとんでもないものがありました。

GP横浜

行ってきました。参加人数がめちゃくちゃ多くて、9回戦のち2日目に初日の続きの2回戦、その後にブードラという流れ。国内初のスプリットGPだったそうで、色々凄かったですね。

まずシールド。
貰ったプールは本当に強かったです。
レアは
踏み鳴らされた地
聖なる鋳造所
囁く狂気
魂の代償
演劇の舞台
でした。

デッキ
クリーチャー*17
1マナ
ヴァイパー、実験体
2マナ
爆弾部隊、スカルグのギルド魔導師。
3マナ
殺戮角、くすぶり獣*2、両棲鰐、戦心の歩兵、空騎士の軍団兵
4マナ
オルドルーンの古参兵、ゴーア族の暴行者、瘡蓋族の突撃者、ヴィーアシーノの軸尾
5マナ
要塞のサイクロプス、順応する跳ね顎
6マナ
鱗剥ぎの捕食者
スペル*7
強盗、闘技、軍部の栄光、正義の矢、ドムリ・ラーデ、オルゾヴァの贈り物、天使の布告
土地*16
踏み鳴らされた地
聖なる鋳造所
ボロスのギルド門
グルールのギルド門
森*5
山*4
平地*3

このデッキで1byeからの7-1。
1敗はパーフェクトボロスとでも言うべき7戦目にあたったデッキに。
終わってから聞かせてもらった話では、2マナパワー3が2体づつの4体、ギルドメイジ2体・真火の聖騎士、徴税理事2で2マナ粋9枚の上全てが完全な性能を持っていて、レア速攻ゴブリンが2枚あり、その他低マナ域にきっちりとコモンアンコがあり軍勢の結集が入らないほどの完成度だったそうな。
0byeから6戦全て2-0してきてるようで、そんなデッキだったらそうだろうなぁと納得してしまった。
ちなみに、3戦目にもつれ込みお互いダブマリからのトップの叩きつけ合いで、降って来た燃えがらの精霊にドムリを消費させられその上からのギルドメイジでGGでした。

そんなこんなで2日目。
2戦とも危うく負けかけましたが、何とか勝利で2-0。
10-1でドラフトへ


ちなみに、ドムリは1試合以外の全てのマッチで1回は出しています。
そのおかげで勝った様なものですね。
流石に、シールドも後半になってくるとデッキパワーでこちらを遥かに上回るデッキとあたるようになってきて、ドムリがいなければ危ういところでした。
その中で、試合全て3ターン目に出したときがあります。
とんでもない引き運だなーと喜ぶべき所で、事実それのおかげで勝ったわけなんですが。
合計で15回は+しているはずなのに1枚しかクリーチャー引けませんでした。
プロフィール

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。