スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M14TOP10

M14が発売してしばらくたってからのTOP10!

10位:憑依された板金鎧
個人的に大好きなカード。
装備することなんてあるの?とか思わなくもないけど、スピリットトークンにつけて5/5飛行で殴りつつ、交易所でトークンサクって4/4でブロックで擬似警戒!とかそんな動きして相手をびっくりさせたい。面白い

9位:影生まれの悪魔
現状はリアニメイトにちょこっと積むくらい。
1ターンの命の叫び大口と考えるとそこまで強くないが、墓地に6枚以上落ちていればマジキチ生物に、そうでなくとも中盤~後半にかけての、無駄になりやすいマナクリーチャーや未練ある魂のトークンを維持に費やせれば、相手にライフに大きなプレッシャーをかけられる。
ただの壁としてみても十分。スラーグ牙は空は止められないけど、こいつはCIPで相手の盤面にダメージを与えつつ1ターンの壁になってくれる。むしろ、自壊してくれることをメリットと考えて屈葬の儀式でアドバンテージを取るエンジンとして考えることも出来る。
今言ったのはリアニでの運用だけど、どのデッキでも基本の考え方は同じになるはずだ。
墓地に6体落とす事を考えるデッキでなく、デメリット能力と上手く付き合ってCIP能力を上手く生かせるデッキでなら非常に強力な力を発揮してくれるはず。
僕は是非交霊術と一緒に使いたいね

8位:チャンドラのフェニックス
強いね

7位:紅蓮の達人、チャンドラ
昨日の大会で指摘されるまで、プレイヤー1人に1点与えた後、そのプレイヤーがコントロールする「全て」のクリーチャーに1点飛ばすのかと思ってました。このカードみんな弱い弱い言ってて何なの?と思ってましたけど、それならなっと・・・できるかー!
流石に強いでしょ。
どこが弱いのか本気で教えて欲しいくらい。現状使うデッキがないから弱い?それは絶対に嘘。
カードの強弱と環境は全く関係ないからね。かつての刃砦の英雄は出てすぐに何もしないから弱いと言われていたけれど、ローテーション後には大活躍した。それと同じで、環境は変わるものなんだから今使われないからといって弱いなんて事は絶対にないですね。
環境にタフネス1が増えればこのカードは大活躍するし、+と0をきっちり生かせるデッキが作られればそれでも大活躍する事は間違いない。
という事で僕の赤緑青に入れてね!

6位:破滅の刃
お か え り

5位:鬼斬の聖騎士
赤単やらラクドス相手に出したら大体勝つでしょ的な生物。
反攻者にやられるから弱いって言ってる人はもうちょっと考えて欲しい

4位:変わり谷
現状は種族を参照してもいいことないので、ただのミシュランとして運用されるでしょう。
それでも十分に強い。とりあえずミシュランは強い。
2マナ2/2の土地としてどうぞ活躍してください。

3位:生命散らしのゾンビ
最初、CIP能力で追放できるのはクリーチャー(色問わず)だと思ってました。
マジキチ

2位:若き紅蓮術士
インスタントとソーサリーに付加価値をつけてくれる凄い人。
若さって偉大だね

1位:漁る軟泥
まぁ特に何かを言わずとも誰もが納得するはずの第1位!
環境に与える影響も非常に高いし、緑使ってるデッキなら何も考えずに入れてしまってもわりと強い人。
きちんとしたデッキで運用すれば相手を問わず大活躍してくれる。
モダンでも期待だね!

とりあえずこんな感じですね。
ガラクは正直弱い系のカードだと思ってます。
勿論出れば強いからジュザリアニのようなデッキや、もしエルフがスタンで組まれたらこいつは強いと思うけどね。後は今後のプール次第。
闇の領域の隆盛は面白いからいつか活躍できることを期待しています。
対抗色サイクルは全部強いので、ランクインされてないけどきっと使われるでしょう。
勇気の道と威圧する君主は使われると思う
テューンの大天使はワンチャン
ハイドラは弱いと思ってます。
まぁそんな感じで。


今後もブログ更新は気分が向いたときにだけ適当に行われます。
1ヶ月以上空くことも多々あると思うのでよろしく!
スポンサーサイト

青赤緑コン

C*14
漁る軟泥*3
若き紅蓮術士*3
瞬唱の魔導師*4
高原の狩りの達人*4

I*18
ショック*3
思考掃き*4
イゼットの魔除け*3
灼熱の槍*4
シミックの魔除け*1
熟慮*2
変化+点火*1

S*2
ミジウムの迫撃砲*2

P*2
紅蓮の達人、チャンドラ*2

L*24
蒸気孔*4
繁殖池*4
踏み鳴らされた地*4
硫黄の滝*4
内陸の湾口*4
根縛りの岩山*4

どうも、ブログ更新とかなんか面倒だなーで2ヶ月たってましたね。びっくり
そんなこんなで漁る軟泥再録という情報を聞いてからずっと考えていた赤緑青コンです。
しかし、当初はどうやってもパーツが足りなくて、使いたくない牙を使うとかヘルカイトを使うとか、無理やり白入れるとか色々な方法を考えてたんですが、いざM14が発売したらびっくり。
まさにこのデッキのために収録されたのではないかというくらいぴったしな若き紅蓮魔術師と紅蓮の達人、チャンドラが収録され、がっちりとかみ合ったデッキになったと思います。
デッキ全体が細かいシナジーの組み合わせで出来ており、基本的には1:1交換を繰り返していくうちに積み重なった小さなアドバンテージが大きな差となる感じですね。
使っていてすごい楽しい&強そうなんで、今後はこのデッキを環境に合わせて調整していく感じになると思います。

あ、今まで放置してきた年間成績ですけど、せっかくなんで続行します。
という事で今日まで書かなかった奴
構築
3-0
7-0
3-2
2-1
0-1
0-1
3-0
3-0
の21勝5敗
リミテ
1-2
2-1
2-1
2-1
1-2
3-1
3-1
3-0
2-1
0-3
の19勝13敗

という事で、合計
構築57-16-4
リミテ58-22-1

です。
構築はまぁあれですね。ゲームデーで全勝したのとか大きいんですかね
最近FNM行っては1回戦落ちしてゲーセンなパターンが多かったのでもっと負けてると思ってました。
リミテに関しては、DGMドラフトが非常に苦手で負けまくってしまったというのが今回勝率がぐわっと下がった原因ですね。
そもそも、リミテというのは実力差が出やすい・・・というか、不慣れな人が多い卓でやっている場合には簡単に勝ててしまいます。今まで自分が勝てていたというのは、得意な環境に加えて、言っては何ですがあまり強い人とやっていなかったらからと言うのが非常に大きいですね。
GP横浜の時にドラフトで勝てたのはかなり運の要素があったからで、もう一度やったら2-1・1-2くらいになりそうだと今でも思ってます。で、そこでDGMドラフトでは毎回血迷ったピックを繰り返していたので、強い人がいないときでも3-0が一切できず、強い人と混じってやれば良くて2-1、だいたい1-2という感じに。
0-3はM14ドラフトなんですが、これは個人的には非常に強いデッキが出来たと思ったんですね。
でも、1マッチ3戦で手札合計13枚だったり(手札5-4-4)、島8沼9で1戦目は島7枚引いて沼1枚だけで憤死、2戦目は沼7枚引いて島1枚も引かず憤死だったり、初手土地3枚からスタートで死ぬまで4枚目引かず、2戦目は好機を使って合計20枚近く引いたのにも関わらず唱えたスペルは5枚だったりといった、つまり事故が原因なので僕悪く無いよといいたい。
プロフィール

とら

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。