スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GP横浜2日目(1回目ブードラ)

1回目。
卓の中に見知った人はおらず(有名プロがいない)、ちょっと安心。上下の卓になべがいたりなかちかさんがいたり、井川さんがいたりやそがいたりと結構興奮。
ドラフト開始すると、初手から一族の誇示。
喜んでピックし、グルールへ意識を傾ける。
そして2手目で流れてくるドムリ・ラーデ。これはもう完全にグルールでしょう。
上からのはグルールへはいかない宣言だと思うことにして、ピックの様子をみつつ緑中心か赤中心かを決めていこう。
そして3手目、4手目あたりで白が薄いと判断し緑中心のグルールに行くことに。といっても、緑の流れが凄く赤もちょこちょこきているので、この次点ではタッチシミックを考えていない。
・・・が、問題の9手目。一周して帰ってきたのがシュラバザメとシミックのギルド門。
ここでシミックががら空き&上が青と緑に絡んでいないのではないかと推測し、タッチしやすいようにギルド門を選択。次に流れてきたのがまたもやギルド門。あたり!
そこから猛烈にシミックの流れ。
青の強いカードがどんどん流れてくる。また、緑も余っているようで、5手目・7手目の円環の賢者、6手目の森林の始原体、一周して帰ってくる顎。
雲ヒレの猛禽も2枚取れ、3マナ以下がシュラバザメとドレイク翼の混成体が居ない以外は充実。
その2枚がきちんとあるとさらに良かったけれど、それが無いのが気にならないくらいの性能。いや、シュラバザメの方は入らない可能性もあるくらい。
結局、純正シミックだけでもカードが飽和するくらいに。
ただ、ドムリ・一族の誇示・豚*2とグルールをタッチしたい気持ちもかなりあり、悩む。
大分悩んだ末、プリズム+山一枚で一族の誇示だけをタッチ。
ドムリなんかは序盤から出していくのが一番強いんだけど、序盤から出していく構成にすると山を複数枚詰まざるを得ず、赤のカードをある程度入れていかないといけない。
だけど、青緑の2色だけで十分なパワーがある以上、欲張りして入れる事は良くないと判断。
ゲーム終わり際に引いても、それが一番強いまである一族の誇示だけをタッチして投入。
初手からあり、山成分が最後まで引けずとも、手札6枚でも十分に勝てるデッキだと判断したのもあります。

そして結果は2-1。
結局、この判断が失敗でした。
1戦目はフューチャーマッチ。
相手はオルゾフでした。2個上の人。
1戦目は危なげなく勝利。
サイドから、遅めになっても問題ない&後手だからと都の進化と4マナ打消しを投入。
デッキの速度を下げ、アドバンテージで押していけるようにしました。
が、ダブマリ。そして手札には森と山。結局、この試合は最後まで島が引けずに負け。
最後の試合は鍵達人とスプライト、そして山・森2・島・ギルド門の土地5スペル2でキープ。
そのままマナフラッドで死んでいきました。
土地5枚でキープした事に疑問を覚える人もいるかもしれませんが、自分はこの判断は間違っていたと思っていません。
土地が16枚のデッキで、サイドボード後は5マナ以上のスペルも増えています。
その上先手で、ここでマリガンを選択するのには相当のリスクがあると思いました。
マリガンをした上で土地が無かったら?あるいは、土地が4枚来てしまったら?
そういう事を思ったのも間違いではないですが、最も大きい理由は相手がオルゾフだという事です。
遅いゲームに対応できるサイドボードをした上で先手を選択したという事は速度を取るという事です。
速度を取った上で、相手に対処され一度止められてもそこから巻き返せる様なデッキにしたという事です。
ならば、序盤からクロックをかけ相手にプレッシャーを与えることは必須です。
そういう点で、このハンドは完璧でした。
2マナフライヤーでパワー2にもなるスプライト。テンポ的には損をしてしまうが、ブロックされない確実な3点パンチャー。そして、山もある為、動きを止められて長引いても一族の誇示で一発の逆転がねらえる。
そのため、これ以上のハンドを求める事より、このハンドで闘うことの方が大事だと判断しました。
結果として、デッキの上から5枚が土地で何も出来ず負けていきました。
しかし、もし次このハンドが来ても自分はキープしたと思います。
負けた事は本当に悔しくて、何度も何度もここでマリガンをしていたらと思ってしまいましたが。
その日の夜、夢に見て飛び起きるくらいには悔しかったです。

その後は何事も無く勝ち。
結局一族の誇示は使いませんでしたが、実際きちんと回ったときのパワーはとんでもないものがありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とら

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。