スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TKTトップ10

しばらくやらなかったけど、久しぶりになんだかやりたくなったのでやってみる!
全てスタンダード基準。3色は単色のカードに比べてより環境に左右されやすいので評価は控えめになります。

10位戦名を望むもの
マナクリを無視できる2マナ3/2が弱いわけないし2/1でも強い状況いっぱいあると思うのでつよい

9位:風番のロック
最初このカードを見たとき、なんて強いカードだ次はこれを使うか否かにしかならねぇ!なんて思ったのだが、今は残念ながらそうは思わない。
良い点を上げればきりが無いが、悪い点も目立ってしまったためだ。
強襲という能力は非常に達成が楽な部類の条件だが、当然だが守勢に立たされているときに達成するのは困難であり、不利な状況で5マナ3/4飛行としてしか場に出せないのはかなり辛い。
勝っている状況、五分の状況では鬼のような力を発揮するので、このカードを生かせる構築をしたい

8位:龍爪のスラーク
打ち消されないという能力も悪くは無いが、何より目を引くのはそのスペック。
瞬速6/6というサイズは、大概戦場に出たときにクリーチャーを1体除去してくれているだろうし、その後に他のクリーチャーにトランプルをつけてくれるというのも良い。
自身がトランプルを持たないというおちゃめな点はあるものの、マナを構えた狂暴な拳刃がぼこすか殴っているところにこいつが出てきたらたまったものじゃない

7位:包囲サイ
森の女人像から3ターン目にキャストするのはかなり現実的で、アグロデッキにとってはそれは非常に辛い状況になるだろうし、そうでないデッキにとっても非常に厄介なはず。
ただし3色という点、そしてポルクラノスや狂暴な拳刃の前にもじもじしてしまうという点は明確に大きなマイナスなので、しっかりと考えなければならないと思う

6位:対立の終結
今まで4マナで使えていたものが5マナになってしまった。
それは非常に大きなマイナスではあるが、ないものは仕方ないのだから使うしかない。
それに、このカードはモーギスの軍用犬や加護のサテュロスといった授与クリーチャーをまとめて壊してくれるし、最近スタンダードでも活躍したアーティファクトの魂込めがエンチャントされたダークスティールの城塞も対処する事が出来る。
もしかしたら、それが有効に働く事もあるかもしれないから文句言わずデッキに入れよう

5位:時を越えた探索
スフィンクスの啓示を見たとき、自分はうわっと思わず声を漏らしてしまった。
そこに書いてあるシンプルな文章はそれだけの衝撃を与えたのだが、こいつも相当なものだと思う。
適当にゲームを進行していれば、まず5マナでキャストする事は出来るはずだ。
なら、こいつを比較すべきはジェイスの創意なのだと思う。
もし同じマナコストでジェイスの創意かこれか、どちらかをキャストできるとしたら、どちらを選びたい?
そしてこのカードは、さらにそれよりも軽いコストでキャストさせてくれる可能性も秘めているのだ。

4位:軍族の解体者
4マナ5/4飛行+(速攻+α)=つよい

3位:奈落の総ざらい
かつてイニストラードに忌むべきものの軍団というカードがあった。
その時自分は超つええええええ!これは最強神話だ!と思って実際に使っていたが、残念ながらそうではなかった。
何故そうではなかったのか。
撃ったら勝ち!と考えていたのだが、実際は撃っても勝てなかったからだ。
忌むべきものの軍団は8マナで26/26、そしてある程度の数のブロッカーと単体除去を物ともしない。
が、全体除去の前では無力だし、8マナという重さで全てがタップインなので、そもそもキャストできなかったり返しにプレイヤーが葬られるという自体も頻発した。
対してこれはどうか。
まずインスタント。神々の憤怒だろうと対立の終結だろうと、急かしもないこの世界ではこれを止める事は出来ない。
そしてマナ・コスト。なんと、こいつは4マナなのだ!
勿論、その代わりに出てくるトークンは13体なんて豪華なものではないが、だいたい6体も出ればゲームは終わる。
例えば波使いを見てみよう。
彼は4マナで2/1のトークンを信心分、青単信心では4ターン目に7体ほど出してくる。
その為には条件があり、1ターン目に1マナクリーチャーを、2ターン目に2マナクリーチャーを、3ターン目に3マナクリーチャーを出した上で、このカードをキャストするのだ。
波使いをキャストして、それが除去されずに殴れば勝ち。
それでもこの波使いを対処されてしまえば7体のトークンは全て死んでしまう。
ではこれはどうか。
黒黒黒黒という圧倒的な色拘束はあるものの、8枚のハンデスを搭載可能で、沼をサーチ可能なフェッチランドを8枚投入可能で、2マナの除去や墓地を肥やすために緑のサテュロスや神々の融和をタッチする事が出来る。
1ターン目にハンデス、2ターン目にサテュロスか融和、3ターン目に除去、4ターン目にこのカードと動いた場合、恐らく墓地には6枚程度存在するので、3体のトークンを生み出す事が出来る。
そこだけ見れば貧弱に感じるかもしれないが、あちらと違って除去られることなく、そしてインスタントタイミングでキャストする事が出来るのだ。
4マナ瞬速6/6として見ても良いし、もう1ターン墓地を肥やす事を考えるのであれば5マナ瞬速10/10として見ることも出来るかもしれない。
墓地を肥やす事の出来るカードはそれなりの枚数存在する。
プロツアーニクスへの旅でコンリー・ウッズが用いたような緑黒ドレッジをモチーフに構築してみるのも良いかもしれない。
このカードは夜の咆哮獣を0/0にしてしまう可能性を持っているが、その代わりにゲームの勝利をもたらしてくれる。
常命の物の宿敵は神々との融和からサーチ可能なドレッジのフィニッシャーではあるが、たった1/1のマナエルフがいるだけで1ターンを稼がれてしまう。
ジャラドがなくなった今、もしかしたらその代わりにこのカードを選択するかもしれない。
あるいは、その両方を選択しても良いかもしれない。
特に墓地を肥やすためのカードを用いないのであれば、カードとして強いハンデスと除去を豊富に積み、コントロールのフィニッシャーとして使えば良い。
他の探査が使えないのは苦しいが、豊富なハンデスと除去を唱えて土地を伸ばして唱えれば、5体程度には簡単に手が届く。
それは不利な盤面であればブロッカーに使えば良いし、コントロールできているのなら迅速に勝負を決める事が出来る。
とにもかくにも、1枚でゲームを決める事だけを考えて使うには、中々準備が大変なカードである事は間違いない。
だが、ゲームに勝利するその瞬間まで使えない忌むべき者の軍団とは違うし、たった1枚の除去の前に対処されてしまう波使いとも違う。
デッキに入っているこのカードは、もしかしたら私が考えるような圧倒的パワーでもって勝利をもたらしてくれない時もあるかもしれないが、きっとゲームを逆転させる為の時間を稼いでくれるだろう。

2位:龍語りのサルカン
嵐の息吹のドラゴン・軍族の解体者とタフネス4の優秀な飛行・速攻生物がひしめく中で、+能力を使用したらプレイヤーに4点ダメージを与えつつ忠誠度5。あるいはその優秀な生物を排除した上で場に残る事が出来るというのは強力。
他のPWに対しても強いため、あらゆる状況で腐る事の無い優秀な1枚。
もっとも、5マナの選択肢は豊富な為、プロテクション白を持つドラゴン・フィニッシャーを生産し続けるニッサと比べて、よりよいと考えるものを使いたい。

1位:狂暴な拳刃
文句なしの1位。
3色であっても全く問題なく、環境を定義する1枚になっても全く不思議じゃない。
書いてある事が全て強い。
特に強いのは赤マナ1つで速攻を得る事が出来る点で、例えば2ターン目に女人像から3ターン目に4点パンチも可能であったり、中盤以降にトップで引いてきたこいつが速攻で殴っていくのはこれ以上なく強力。
また、環境に存在する優秀な2マナ除去ではこいつを倒す事が出来ないのも強い。
ゲーム終盤の土地が溢れかえる状況で手札に加われば、相手の除去をかわしてパワー6以下のクリーチャーを封じ込めるという、3マナのクリーチャーとは思えないほど多くの仕事を果たせる。
唯一の欠点はそのマナ拘束だけれども、幸い緑が絡んでいるために女人像という最強の相方がいるし、そのあたりを採用しなくてもタップインランドを重ねて4ターン目に4/4のバニラとして着地させても、ターンが帰ってきた後に出来ることを考えれば十分。
つよい
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とら

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。