スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスパーコントロール

C*2
予知するスフィンクス*2

I*17
胆汁病*4
今わの際*2
英雄の破滅*4
完全なる終わり*3
時を越えた探索*4

S*9
思考囲い*2
蔑み*4
対立の終結*3

I*6
悪夢の織り手、アショク*3
太陽の勇者、エルズペス*3

L*26
欺瞞の神殿*4
静寂の神殿*4
コイロスの洞窟*1
汚染された三角州*4
溢れかえる岸辺*4
島*3
沼*4
平地*2

楔3色以外の3色のデッキを組む場合、一体どこが有利になるのかをプレリリースイベントの暇な時間にぼんやりと考えてました。
3日間遊び通してほとんど寝てない上にマジック漬けで思考力ボロボロの中で真っ先に思い至ったのは無理なくフェッチランドが8枚使える点で、それはライフを失う代わりに探査コストとして扱える=ライフ1点で1マナ加速できる点なんじゃないかなぁと。
多色のカードに関しては、強いものは勿論あるものの、楔3色の方が対抗色ダメランの存在、3色カードの存在と有利になる点が多いのではないかなぁとも思いますね。
そして色の組み合わせを選べるという点も一応利点で、例えば女人像狩猟者+エルズペスを使いながら時を越えた探索や予知するスフィンクスを使えたり、アショクを使いながら稲妻の一撃を使えたりとかね。
ドローソースとして、時を越えた探索に過剰な期待を抱いているのかも知れないけど、このカードは本当に強いと思っているので4枚デッキに採用したいと思ってます。
予言を使いたくないというのもあるし、フェッチランド・思考囲いの存在から骨読みをコントロールで使いたくないというのもあり、運命の泉もちょっと重くて使いたくないと思い、ジェイスの創意のマナコストでキャストできる事を期待できるのであれば、時を越えた探索は4枚採用する価値があるんじゃないかと。
6枚の1マナハンデス、6枚の2マナ除去、8枚のフェッチランドで3ターン目までに墓地に落ちるであろう20枚があるので、その後の展開を考えても5ターン目にはほぼ確実に3枚は墓地にカードがあるだろうし、キャストするしないの問題を無視すれば4ターン目に4枚のカードが墓地にあって4マナでキャスト出来るはずだし。

エスパーを組む利点としては、まずアショク・エルズペスという強力なプレインズウォーカーを2種類使える点。
そして、数少ない2マナの優秀な除去である、今わの際・胆汁病を使いつつ、3マナ以上の確定除去を選択できて、対立の終結という最も軽い確定全体除去を使える点ですね。
完全なる終わりは払拭の光と迷う所でもあるし、信者の沈黙も強力なカードではありますが、とりあえずインスタントかつパーマネント対処可能という丸さでお試し枠。
払拭の光に対して、一応墓地に落ちるから探査コストになるという点、相手がもし完全なる終わりを使っていたり、払拭の光を採用していた場合に問題にならないという利点があるし、相手の払拭の光で対処されたプレインズウォーカーを回収したりと有利になる点はかなりあるので、4マナという重さを差し引いても採用する価値はあるかなと。
この辺は試して見ないとなんともなんですけどね。
ハンデスに関してはどうせクリーチャー環境なんだろうし、スペルも一部のチャームか除去くらいだから蔑み4枚でいいんじゃねな感じで。
2マナに破滅の刃も究極の価格も肉貪りも無く、神殿を8枚も積んでいるのに環境に熟練扇動者や戦士みたいな早そうなカードがあるという事は、やっぱり1マナのアクションを一定数確保できないコントロールはそうとう厳しいんじゃないかと言う考えから1マナハンデスを6枚選択。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とら

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。