スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーサーン

先日、ラストサン予選兼GPTマニラ兼PWCに参加した時のこと。
「おや、Aさんじゃないですか!今日の調子はどうですか?」
「いやー、はは・・・もう1-2でドロップしちゃいました」
「あちゃー・・・それは残念ですね。凶暴な拳刃を使ってるんですか?」
「? いえ、今日はエスパーコン使ってましたね」
「ええっ!!青赤緑ではない!」
そういえば最近、そんな事を言われる事が多くなってきたように感じます。
確かにイニストラード末期からこっち、ティムールカラーのデッキを使っていましたが、いつの間にか僕=RUGの認識が出来ていたようで。
実は僕、本当はエスパーが一番好きな色なんですよね。
ゼンディカー・ミラディンの傷跡の頃にMTGをはじめ、イニストラード・ラブニカで漁る軟泥と若き紅蓮術士が出るまで、だいたいエスパー使ってました。
若き紅蓮術士・瞬唱の魔道士・高原の狩りの達人というカード達が使えると理由でRUGを使い始め、次のRUGは若き紅蓮術士と加護のサテュロスが組み合わせたかったから使い。
最近のはラブルマスター強すぎてこいつ使い倒せば最強からRUGに。
たしかに、思い返せば2年くらいずっとティムール使ってましたね。
これではRUG使ってないんですか、といわれるのも仕方ない!
と考えを改め、とりあえずティムール作ってみました。



C*25
エルフの神秘家*4
渦潮の精霊*1
炉の小悪魔*1
爪慣らしの神秘家*4
前兆語り*1
ゴブリンの熟練扇動者*4
放浪の吟遊詩人、イーサーン*4
スズメバチの巣*1
再利用の賢者*1
波使い*1
賢いなりすまし*1
鍛冶の神、パーフォロス*1
世界を喰らうもの、ポルクラノス*1
龍爪のスーラク*1

I*11
稲妻の一撃*4
かき立てる炎*3
召喚の調べ*4

P*2
歓楽者ゼナゴス*2

L*21
奔放の神殿*4
マナの合流点*2
ヤヴィマヤの沿岸*4
シヴの浅瀬*4
樹木茂る山麓*3
山*1
森*3

以前のRUGとは一部似通った点がありますが、まるっきり向いている方向性が違う形に。
一応、MOで2構で6回対戦して6回勝ったのでデッキとしては悪くはなさそう。
ただしジェスカイとは一度も対戦できておらず、見た目にも弱そうなので多分勝てないと思いますね。
なんかもう最初っからTire1に勝てないデッキとか駄目な感じがぷんぷんしますが、アブザンには層の厚さから結構いける感じもあります。

イーサーンが使われているレシピを見たとき、ほとんどのデッキは頂点に女王スズメバチを選択していました。
そういうデッキは同時にニクソスなんかも使っていて、信心とハイブリッドな感じが多く見受けられたので、そこは別に良いんですが、このデッキで使ってみたところ、まず7回も起動する事は絶対にないし、3回も使えばゲームに勝てる事がほとんどだった為、重いところは全部切りました。
一応、スーラクだけは5まで行った時に何も無いのも悲しいなーと残してありますがこいつもどうでしょうかね。
また、青緑のイーサーンで気に入らなかったのが、相手に触る手段が一切無いという点でした。
速度で押し切るにはイーサーンというパーツはあまりにも遅く、アドバンテージで押し切るにもそれを得ている間にやられてしまう事が多いのではないかと感じた次第で。
その辺を鑑みて、とりあえずライトニングストライクがあれば大丈夫だろう!と適当な考えからこういった形に相成りました。
大概のイーサーンの1,2マナはマナクリだけなのですが、寧ろイーサーンで持ってこれるのはほとんどが1マナか2マナのクリーチャーだけなので、出来る限り選択肢を増やそうとこんな感じに。
2マナはあまりにも層が薄かったために前兆語りのみの採用になりました。
漁る軟泥くっそ欲しい
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とら

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。