スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4色

U*5
GNフラッグ*3
アルヴァトーレ*2

C*27
密約*3
急ごしらえ*2
戦場の鈴音*2
魂の輝き*3
野望の毒牙*2
惹かれあう魂*2
周辺警護*3
残忍な野獣*2
雲散霧消*1
大胆な計画*3
千年女王*2
卓越した才覚*1
破壊工作*2

O*5
可能性の獣*3
タイムリミット*2

ACE*4
ジ・オ&シロッコ*3
ユニコーンガンダム&バナージ*1

G*8
月面民間企業*3
黒基本G*3
緑基本G*2

学祭終わってさー書こうかー思ったけどネタが無いので適当に現環境下(制限~26弾の短い期間)での4色についてでも

まず、ユニット枠に関して。
GNフラッグはデッキ的に苦手なエースに対するメタカードであると同時に、使い勝手の良いユニット。
アルヴァトーレは、輝き・タイムリミットに加える除去枠兼ユニット
輝き・タイムリミット・アルヴァトーレがそれぞれ苦手な分野を相互補完します

次にコマンド枠。
可能性の獣を考え、最大限カードを操作しやすくする為にこの枚数に。
4色の安定性はハンドの重要さなどから、ドロソコマンドを最低限の枚数として7枚。
輝き・毒牙は言うまでも無いですね。
また、毒牙はサイドに追加で1枚あります。
これは、オードリー・キリマンジャロを有する青赤ユニコーンに対するメタ枠ですね。
中盤あたりから確実に毒牙・警護・野獣のいづれか2枚を持っておく必要がある為。
惹かれあう魂は、環境的な後押しもあってほぼこれ一択になった感じですね
赤紫ライザーに対する安定した回復・常時タイミング・コマンド、さらに遅い環境。
ウィニーとの相性もそこまで悪くはありませんが、今後数が増えると予想される場合はサイドに一歩か、もしくは司令部が入ります。
後はG枠ですね。
とりあえず、周辺警護の重要性が増したので3積みに。
野獣も必須といえるカードなので最低限の2枚。
雲散霧消を抜けば3枚入りますが、雲散霧消は1枚デッキに入っていることに大きな意味があるので1・2の形に。
大胆は何も考えずに3枚。
速度が遅く1ターンあれば3枚以上のカードにアクセスできるこのデッキにとって、1ターンを稼ぐことの出来るカードのパワーはすさまじいです。
破壊工作はフラッグ・エースとのシナジー枠。
獣で持ってこれる緑Gとしても重宝します。
2色Gは(2)を考慮して2枚。
これ抜いてもG20枚耐性なので、これが貼れずに苦労するということはそう無いです。

次にオペレーション
獣は必須枠ですね。
1ターン目からおければ、大体のデッキに対して安定した勝利が見込めます。
基本的にはタイムリミット以外は下に送っても意味があるので、可能性の獣は46枚(2枚目以降の獣・リミット)操作できると考えらるカードですからね

次にエース。
ここはあまり考える必要は無い感じですかね。
ジオッコは確定枠で、ユニバナは4色の存在意義のひとつですからねー
515のドローエースはこいつらしかいません。
また、地味に第3テキストも優秀。
基本的に発動はしませんが、相手を止めることが可能なこいつは非常に優秀であるといえます

Gは8枚。
ぶっちゃけ相当きつい枚数ですね。
ぶっちゃけここまでする必要はあるのかという感じです。
安定行動は9枚。
ただまぁ、1枚減らすことでデッキのパワーが大きく向上することも事実です。
確率上は最大15戦してそのうちの2回ノーGで5枚スタートするかどうかですからね
ただし、初手マリガンを非常にしにくいです。
そこが痛すぎるデメリット


こんな感じです。
サイドは大分適当にしてありますが、現状カウンター4枠・ウィニー対策4枠・毒牙・その他となっております
ぶっちゃけ青白退官が一定数いる以上は5枠の方がいい気もしなくもありませんね。
認知されたので数が減れば良いのですけれど、そうでなければ追加で1枚投入することも考えています
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とら

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。