スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察(夢幻)

現環境(5弾)に存在するカードについてのまとめ

まず、色の役割について。
白:基本器用貧乏色・・・のはずだったが、最強の除去色でありクリーチャーも非常に優秀。ドローも十分使用に耐える物を持っており、他を圧倒するレベルの性能を持っています。ただ、指定2が基準になっているのでタッチ白は難しい。
コントロールを作るのであれば、この色は必須といっても過言ではない。

青:ドローとカウンターの色。4弾まではドローといっても・・・という感じだったけど、4,5弾からのてこ入れで優秀なドロースペルを2種類獲得した。カウンターは強いと言って良いものは賽銭しか無いのがネック。クリーチャーの弱さがネックだったが、4,5弾・5弾で4マナ域に優秀なクリーチャーを4種類も獲得し、1マナ2/1+能力という優秀なウィニーも獲得しその弱点も無くなりつつある。フィニッシャー級のカードが無いのが一番の問題。タッチ色としても非常に優秀

黒:除去とハンデスの色。1~3弾あたりまでは天下だった(らしい)。4弾以降使用に耐えるスペックのカードを(他色に比べて)殆ど得れていない為、苦しい立場にある。特色であった除去は白に負けており、妖夢もカリスマがあふれかえるこのゲームにおいてはテキストほど強くない。
色の特色の1つであるハンデスに関しても、3マナ・指定2という重さから非常に使い勝手が悪い。ゲームスピードが非常に速いので、3ターン目の行動を放棄しなければ打てないハンデスは相手を選びすぎるのだ。
それでも、6マナ打ち消されない・速攻・除去能力持ち・7/7という化け物を擁しているので、選択する価値が無いという程ではない・・・がやはり苦しい。

赤:優秀なクリーチャーに優秀な焼きを擁する色。1~6マナ全ての領域において夢幻最強クラスのクリーチャーを擁する。また、焼きも1~2マナで非常に性能の高いものを持っている。ただ、生物は高い指定がネックではある。
4マナには打ち消されずハンド消費無しで出せる4.3。6マナに打ち消されないランデス効果を持つ7/6先制ととにかく生物の質が高い。単純な打点要素でも、3マナと6マナに優秀なカードが集中しているため、速攻デッキも重速デッキも組みやすい。


夢幻というカードゲームは、速攻を持つクリーチャーがやたら多い。どのくらい多いかというと、デッキに入っている4マナ以上のものはほぼ全て速攻を持っているくらいだ。その為、ソーサリータイミングの除去は基本的にあまり強くない。基本的に1パンチは食らっているからだ。
ライフが25と多めではあるものの、2マナ速攻3点、4マナ速攻4点、6マナ速攻7点が基準値のこのゲームでは1回のパンチでくらう打点があまりにも多すぎる。
また、多くの速攻クリーチャーは場に出た時ハンドを1枚補充したりと、何かしらの手段でアドバンテージを得て場に出ることが多いため、単純に除去を打っていたのであれば、ライフと手札の両方で相手に差をつけられてしまう。
その上、対象を状態を問わない確定除去は最低でも4マナと非常に重い。そうでなくとも、最低でも3マナかかってしまう。テンポの面でも有利になる事は少ない。何かしらのライフ回復手段・手札回復手段が無い限り、単純なソーサリータイミングの除去はデッキに積むことは出来ない。
また、インスタントタイミングの除去も非常に少ない。まともに運用できるカードは、白の死神の大鎌と赤の焼きぐらいである。焼きに関しては、ウィニーを破壊する分には十分であるが、前述の通りサイズが非常に大きいため、4マナ域以上のカードを破壊することは基本的に出来ない。アドバンテージの損失を覚悟のうえで、2~3枚のカードを消費してやっと1体倒すのが精精である。
無論、小型を焼けるというのは非常に強いし、大型も状況次第では損失無く焼けることが出来る為、高いパワーは有している。
また、除去に近い性質を持つものとしてカウンターが上げられる。クリーチャーをカウンターできるカードは3種類あり、2マナの賽銭強請り・3マナの人形・4マナの対抗呪文だ。しかし、4マナ・6マナのフィニッシャー達の一部は、おまけのようにカウンターされない能力を持っている。カウンター自身も賽銭強請り以外はマナコストが重かったり、対象が狭かったりで使いにくい。
採用しているデッキも、他に何もつめないから仕方なく、という点が大きい。

んまー、非常に長ったらしく書いちゃいましたけど、つまるところ何が言いたかったかというと、つまりは生物で殴るのが一番強いということです。
ドロー・除去・カウンターを沢山詰んでフィニッシャーをちょっと詰む。というデッキは夢幻では成立させるのが非常に難しいという事ですね。
夢幻でのコントロールとは、つまるところ他よりちょっとクリーチャーが少な目なデッキ、という事です。
生物なんて6枚もいれば十分なんだよ!なんてデッキはこのゲームだと難しいですねー


次に各色の優秀カード紹介でも。
カードについては、コントロールデッキの視点から。

死神の鎌:攻撃しているクリーチャーを破壊できる。夢幻というゲームにおいて、唯一のアクションタイミングでの確定除去。指定2

ラストジャッジメント:いわずと知れた最強除去。除去の性能が非常に低いこのゲームで、何故か存在する4マナ全体破壊。死神の鎌と合わせて、白を選択する理由。

蛙は口ゆえ蛇に呑まるる:3マナの(実質)除去エンチャント。エンチャントされているクリーチャーは戦闘に参加できない。コンビカードにセットすると相手のコンビを完全に封殺できる。システムクリーチャーには効果が薄いのが難点だが、システムクリーチャー自体が希少なゲームなのでその点はほぼ無視できる。ただ、6マナの赤と黒には、おまけ程度に付いている癖に馬鹿なパワーを持つテキストを持つクリーチャーもいる為、忘れていると痛い目を見ることがある。 指定2

八方鬼縛陣:2マナの除去エンチャント。エンチャントされているクリーチャーがタップすると破壊。これをセットされると、基本的に全てのカードはチャンプブロッカーに成り下がる。相手を選ばない2マナ唯一の除去。指定2

穀物神の約束:3マナエンド時2ドロー。このゲーム唯一の指定2での2ドローカード。青を使用しない場合のドロースペルとして選択肢にあがる。指定2

チルノ:手札消費の無い1マナ閃光1/1。持ってこれるカードが交戦中の相手に2ダメージのアクションの為、チルノがたっているだけで耐久3以下のクリーチャーはアタックできなくなる。非常に優秀な壁。

三月精:場に出た時に2体に増える。基本的に壁であるが、状況次第ではフィニッシャーにもなる。2マナ3/3or2マナ4/2と書けばそのスペックの高さが分かると思う。特に、ルナチャイルドは速攻・耐久2とあり、コントロールの序盤の要。ルナチャは指定2

早苗:4マナ速攻カリスマのハンド消費無しの4/4。妖怪と交戦してもダメージを受けない能力も持つ。耐久3と4に大きな壁がある事から、耐久4というのも非常に優秀。白の中速の要。指定2

霊夢:4マナ・打ち消されない・ターン終了時にアンタップする能力を持つ4/4。4マナ基準値を持ちつつ打ち消されないため、対青戦では高い威力を発揮する。

諏訪子:5マナ速攻カリスマ5/6。直接攻撃に成功した場合、そのダメージと同じ値だけ回復できる。速攻デッキが強いこのゲームにおいて、唯一の使用に耐えるライフゲイン。ライフゲインという要素を考えなくとも、5マナ速攻カリスマ5/6だけで十分なスペックである。 指定4

諏訪子:5マナ速攻カリスマ3/5。エネルギー3枚につき+1/+1を得る。タップする事で2点ゲイン。主に青白コントロールなどでフィニッシャーとして使われる。エネルギーを伸ばしていくデッキだと、6/8あたりに落ち着くことが多い。また、地味ながら2点ゲインも優秀。 指定4

青・赤・黒はまた今度
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とら

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。