スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UBRコン

CH*13
リリカ・プリズムリバー*1
ルナサ・プリズムリバー*3
メルラン・ムリズムリバー*3
ルナサ・プリズムリバー*3
マリサ&アリス*3

A*21
スカーレッド*3
実力の片鱗*3
ヴァンパイアクロウ*3
ペットの気持ち*2
邪魔*3
賽銭強請り*3
スキャンダル*3
トベるくすり*1

S*13
結界「動と静の均衡」*3
六道剣「一念無量劫」*3
幻想郷伝説*2
オモイカネディバイス*2
プチフレア*3

E*3
旧史「旧秘境史 -オールドヒストリー-」*3

新デッキ案
コンセプトは三月精と同じですが、大きく違うのはコスト。
三月精は2マナ4/5,5/4,3/3,4.2のいずれかという性能でフィニッシャーとして採用していました。
しかし、こいつらは指定4に加えての5マナ4/4,4/5or4/6です。
さらにタップインと、場に出したターンでの性能はあまりに低いのですが、1ターン生き残るとサイズが倍になるという恐るべき能力を持っています。
さらに特筆すべきは、三月精と違い、積極的にマナにおくことが出来る上、弾切れを起こさないという事です。
三月精は相手が赤だったり長期戦になると、召還先がいなくなりただの2マナ2/1や1/2となり何も出来なくなってしまうという欠点がありました。
彼女らはそれをカバーしています。
勿論、コストがあまりにも大きい為に上手い運用は非常に難しいと思います。
どのカードも指定4を要求してくる為に、3色でバランスをとるのは非常に難しいです。
おそらく、このカードを場に出すのは6ターン目・・・いや、7ターン目といった所でしょうか。
白型の場合、低コストから殴りにいける軽量クロックパーミと呼べるデッキタイプであったのに対して、こちらは場を制圧してからフィニッシャーを出す、重速コントロールと呼ぶべきものになっているでしょう。
また、黒のカードの枚数に対して、指定4を要求するカードが非常に多いです。
しかし、そのいずれものカードが積極的にエネルギーとして場に出す事を望んで構築されている為、そこまで気になる事は少ないと思います。
指定が溜まるまでに唱えたいと思えるカードは、動と静の均衡、そして一念無量劫だけです。
赤のカードはペットの気持ち以外指定1に抑えてあります。
ペットの気持ちも本来は採用したく無かったのですが、そのカードパワーの高さからデッキから抜くことが出来ませんでした。これに関しては、実際に動かしてみて良い形にしたいと思います。
青に関して、こちらは指定2のカードが5枚も入っています。
それはそのどちらもがあまりにもパワーが高く、デッキから外すことがどうしても出来ないためこうなっています。
ただ、15枚という最低限の枚数に加えてドローサポートとしてスキャンダルが入っている為、指定2を出す事が出来ないという自体はそう起きないと思います。
どれをマナにすべきか大きな選択を迫られるという自体は頻発するかと思いますが。

大体、こんな感じですね
現状紙束以外の何ものでもないので、考えて実際に運用してみた上で修正版をあげたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

とら

Author:とら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
うたてめぐり
『うたてめぐり』はじまります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。